TOEIC対策の勉強方法お教えします!

TOEICでも基本的な勉強法は同じ

TOEICと聞くと「英語のコミュニケーション能力を測るテストなのだから、普通のテスト勉強ではダメ」だと思う方もいらっしゃるようですが、TOEICだって普通のテスト勉強と基本は同じです。
まず勉強するためには、参考書が必要でTOEIC勉強用の参考書は以下のような種類です。
「学習参考書、レベルごとの解き方の解説書」、「単語帳、TOEICに出やすい英単帳」、「文法問題集、文法問題に特化した問題集」、「リスニング問題集」、「リーディング問題集」、「総合問題集、リーディング、リスニング、文法などの問題を総合的に取り上げた問題集」
TOEICの初心者は、まず総合問題集を一冊購入し繰り返し解くところから始めましょう。

リーディング問題の勉強法

TOEICのリーディング問題は、part5の短文穴埋め問題、part6の長文穴埋め問題、part7の長文読解問題の部分の事で、75分で100問を解かなければならない為に、TOEICを初めて受ける受験者は時間が足りなくて問題を解くことが出来ない事が多い個所だと思われます。
リーディング問題の勉強法は、基本的な「問題を解く、自己採点、復習」の他に、問題を解く時間を意識する必要があるので、時間を測りながら問題を解きましょう。
また、リーディングの問題には、家電の説明書、不動産広告などを読み解く問題があるので、問題集で問題に馴染むだけではなく、英字新聞などで実際の広告やインターネットで英語と日本語で書かれた家電の説明書を見つけて訳してみるのも勉強になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る